ニュースアーカイブ 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004

2010年

ANGRAアコースティックライブ映像と「Lease Of Life」のPV - 10/28

ブラジルのTV Showlivreは、去る9/28、ANGRAのトークショーとアコースティックライブを放送しましたが、その中からNovaEraの映像が観られます。バンドはこの他に、Arising Thunder, WishingWell, Rebirth, Bleeding Heart, Make Believeをプレイしました。

また、新作AQUAからの新しいPV「Lease Of Life」がYoutubeで観られます。

ANGRAサンパウロ公演決定 - 10/28

11/13にシティバンクホールでのコンサートが決定しました。

Eduプロデュースのバンドのインタビュー - 10/22

Eduがプロデュースをしている2バンドのインタビュー(英語版)が、読めます。 Artemis / StillAlive

Eduのインタビュー - 10/20

ブラジルのRioMetalBlogに掲載されたEduのインタビューの英語版が、公式サイトで見られます。色々な写真と共に、彼のこれまでのシンガー・プロデューサーとしてのキャリア、ANGRAやAlmahでの活動、ANGRA以前の活動等に加え、ブラジルのメタルシーンについてや、他にも興味深い話題などを語っています。

Eduから日本のファンへのメッセージ - 10/11

LoudParkでの4年ぶりの来日に向けて、Eduから日本のファンへのメッセージ動画がみられます。
また、
EduFalaschiJapanYoutubeChannelでは、Kiko、Rafael,Felioe,Ricardoの他、LoudParkでのスペシャルゲストのコメントも見られます

Eduオフィシャルフォトギャラリー開設 - 10/10

http://edufalaschi.com.br/eng/gallery/

Artemis インタビュー第2弾 - 10/10

こちらからどうぞ

Angels Holocaust ビデオ・写真 - 9/8

Eduが新作EPのプロデュースをしているバンドAngels Holocaustのビデオや写真がこちらで見られます。

Eduインタビュー - 9/8

ブラジルのサイトUniverso do Rockにて、Eduのインタビューが掲載されています。英語版はこちら

Artemis レコーディング映像 - 9/8

EduプロデュースのバンドArtemisのギターレコーディングの様子が、バンド公式Youtubeで見られます。

Still Alive インタビュー - 9/8

EduプロデュースのバンドAtill Aliveのインタビューが、Edu Falaschi French Blog で読めます。

ANGRA アコースティックライブ映像 - 8/26

ブラジルでも新作AQUAが発売され、ANGRAはTVでアコースティックライブを行いました。

Arising Thunder / Nova Era / Rebirth / Wishing Well / Flight of Icarus

EduプロデュースのバンドStillAliveのメイキングビデオ - 8/22

音声はポルトガル語ですが、英語の字幕付きです。 こちら

ANGRA新譜AQUA発売に伴うEduから日本のファンへのコメント - 8/12

Hi dudes! Im here to say that Im really proud to release the new Angra´s album, AQUA, firstly in Japan! I hope everybody can have the opportunity to hear it! It took all our best efforts to make this album! And we are pretty sure that we made a very important album for our career! Aquahas many different elements and its an album for intelligent and open-minded metal fans! Angra works at each album in different ways. This time we have a very nice concept about the last play of Shakespeare, THE TEMPEST. It allowed me to make a dramatic interpretation with the intention to put the people inside the storys atmosphere. Im sure that all the Japanese fans will notice it. Thanks for all the support over the years! I really love you all!
See you soon at Loud Park festival where I will scream a lot in super high tunes just for the most traditional power metal fans!!! LOL!!!

EDU FALASCHI

ANGRAライブ映像とEduインタビュー - 8/5

7/10ブラジル・アララクアラでのライブ映像とインタビューが、Youtubeで観られます。

EduとKiko、ワークショップ開催 − 8/4

EduとKikoは、8/16、ブラジル・リオデジャネイロ州のVoltaRedondaにて、共同でワークショップを行います。

ライブ日程他アップデート − 7/31

ANGRAは、2011年初めにアメリカでのライブを行うことを発表しました。ツアー日程はこちら

イベント「AnimeFrineds」のコメント、映像やインタビュー − 7/25

ANGRAは、7/16、サンパウロで毎年開催されている日本のアニメイベント「AnimeFriends」で、Back To Lifeツアーのラストパートとなるライブを行いました。ブラジルの有力サイトWhiplash!は、このライブでのバンド及びEduのパフォーマンスを優れたものであったと述べています。

バンドは、新旧取り混ぜた楽曲にくわえ、聖闘士星矢テーマ曲「ペガサス幻想曲」をプレイしましたが、その映像がYoutubeで観られます。

また、メディアPlayTVに、EduとRafaelによるインタビューが掲載されています。日本語訳は今しばらくお待ちください

Orkut上でのEdu名のプロフィールについての公式コメント  - 7/22

ブラジルでの利用者が多いSNS・OrkutでのEduのプロフィールについて、Edu自身は、Orkutに個人アカウントは持っていなく、全てニセモノであり、公式アカウントは以下であるとコメントしました。

Myspace: http://www.myspace.com/edufalaschiofficial
Facebook 1:
http://www.facebook.com/edufalaschi
Facebook 2:
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001207245275
Twitter:
http://twitter.com/edufalaschi

プロデュース活動 - 7/15

EduがプロデュースをしているバンドStill Alive。

サンパウロ・Norcalスタジオでのニューアルバム(タイトル未定)のベースレコーディングを終えました。

 

ANGRAニューシングル「Arising Thunder」 ダウンロード開始 - 7/10

新作「AQUA」からの先行シングル「Arising Thunder」が、ANGRAのMySpaceからダウンロードできます!

アルバムは8/11日本先行発売です!


 

ANGRA新作「AQUA」詳細 − 7/6

通算7枚目となるANGRA新作「AQUA」は、8/11日本先行発売!
ウィリアム・シェイクスピアの「
テンペスト」に基づいたアルバムです。

01. Viderunt Te Aquæ
02. Arising Thunder
03. Awake From Darkness
04. Lease Of Life
05. The Rage Of The Waters
06. Spirit Of The Air
07. Hollow
08. A Monster In Her Eyes
09. Weakness Of A Man
10. Ashes
11.Lease of Life
 (日本盤ボーナストラック)

7/9または10に、ANGRA MySpaceに先行シングルをアップロード!

ALMAHに関するEduの公式コメント - 7/4

Almahは、6月にブラジリアで行われたMarreco's Festをもって、アルバムFragile Equalityに伴うブラジル国内ツアーを終えました。Eduは、先のツアーやバンドの今後、特にANGRAの活動再開後のことについて、下記コメントを発表しました。

「僕はAlmahの名において、バンドの約5年の間での多くの応援に感謝するよ。Fragile Equalityツアーは忘れがたいもので、特に最後の方でのショーでファンが僕たちの曲を一緒に歌ってくれているのを見るのは、なんとも表現しがたい驚きだよ。プレイしたかった全ての都市でライブが出来たわけではないけれど、次のツアーでは出来る限りそうするつもりだよ。今、僕とFelipeはANGRAの活動でとても忙しくて、自然とALMAHの活動ペースを落とすだろうけれど、それはAlmahの活動休止を意味するのではない、実際僕たちは次のアルバムへの新しいアイディアを出し合っているし、適切な時が来たらCDをレコーディングして、ステージに戻るよ!」

元Legião UrbanaのDado Villa Lobosのショーにゲスト参加 - 7/4

7/3、サンパウロ州ウベルランヂアのLondon Pubでのショーに参加しました。
ライブハウス公式サイトで写真が見られます。

※Legião Urbanaは、メッセージ性のある歌詞・曲でブラジルでは知名度・人気の高いポピュラーロックバンドです。

YouTubeチャンネル -  7/3

EduのYouTubeオフィシャルチャンネルが出来ました。

ALMAHのラジオアクション - 6/30

メタル系有力インターネットラジオのHeavyMetalRadioにおいて、Almahは好アクションをしています。

Golden Empire: 週間トップ10 - 3位 / 過去30日間トップ20 - 4位
Torn: 週間トップ10 - 6位 / 過去30日間トップ20 - 10位 

コンピレーションアルバム発売 - 6/30

Almahの楽曲「Beyond Tomorrow」が、7/23に発売されるAFMレコーズのコンピレーションアルバム「Metallic Dawning」に収録されます。 
詳細はこちら

メタルオペラ SoulSpellに参加 - 6/23

Eduは、ブラジルのドラマーHeleno ValeによるメタルオペラプロジェクトSoulSpellの2ndCD「The Labyrint of Truths」に参加します。
Eduは9曲目「A Secret Compartment」で歌っており、彼の弟TitoFalaschiとの共演です。

Titoの他、HIBRIAのIuri Sanson、元HANGARのNando Fernandes、元HelloweenのRoland Grapow他、様々なミュージシャンも参加しており、日本での発売は8/25 Spiritual Beastからの予定です。

 

ANGRA LoudPark2010に出演決定 - 6/12

10/16神戸、 10/17さいたまスーパーアリーナ に出演します! 詳細はこちら

EduプロデュースのバンドARTEMISがスタジオ入り - 5/26

ブラジリア出身のARTEMISは5/31、デビューアルバムのレコーディングのため、サンパウロのNorcalスタジオ(このスタジオは、AlmahのFragile EqualityやANGRAの新作AQUAの製作でも使われました。)に入ります。
作業はドラム撮りから始まり、ドラマーPedro Sennaは、ANGRAのドラマーRicardo Confessoriと同じドラムキットDW Collectorに、多少の修正を加えて使う予定です。
このCDは、2010年の後半にリリース予定です。

ANGRAビデオインタビュー - 5/23

7thアルバムの製作が行われているNorcalスタジオにて、Showlivre.comがインタビューを行いました。
この中でEduは、「今回のアルバムはとても民主的で、5人皆が作詞に関わっている」等と話しています。

Eduのコメント - 5/19

オフィシャルMySpaceに、バースデーメッセージと、Ronnie James Dioに関するコメントが掲載されています。
原文(英語で書かれています)のままの方が、ニュアンスが伝わると思いましたので、今回は日本語訳をしないことにしました。

Manaus Rock でのインタビュー - 5/16

5/14、ANGRAはアマゾナス州都マナウスでの、5,000人の前でのショーを成功に終えました。
Eduは、
ManausRockBlogのインタビューに答えています。

ANGRAビデオレポート10 - 5/15

ANGRAは、ニューアルバム製作の最終段階に入っていますが、ビデオレポートの10本目がアップされました。

ANGRAビデオインタビュー - 5/12

5/11、サンパウロのEM&Tスタジオでリハーサル中のANGRAは、インタビューを受けました。
バンドは、今後の計画や数日後のマナウスでのショーのことのほか、新譜のことなどを話しています。

ALMAH ライブ日程 - 5/2

Almahは、6/19、首都ブラジリアで行われるイベントMarreco's Festにヘッドライナーの1バンドとして参加します。
また、6/12にバンドは、ミナスジェライス州都ベロオリゾンチでの初のショーを行う予定です。

2009年

サイトLast.fmに、ALMAHのページが出来ました - 9/3

このサイトは、MySpaceのようにネット上で音楽が聴け、情報が読めるのは勿論、関連項目や、類似アーティストへリンクなど、オンラインミュージックカタログとうたっているサイトです。

http://www.lastfm.jp/music/Almah

Eduのプロデュース活動 − 7/28

EduのFacebookのコメントによると、彼は今、リオデジャネイロにいて、STILL ALIVEという新しいバンドのプロデュースをしているそうです。
彼らのデビューアルバムは、カッコいい曲やパワフルなエナジー満載の素晴らしいものになるだろうと。
MySpaceで曲を聴くことができますが、これはEduがまだプロデュースを始める前の、デモヴァージョンだそうです。
Eduとバンドは熱心に作業をしており、曲は100%良くなってきていると!このCDは、2010年に発売予定だそうです。

ALMAH 新作へのEduのコメントが届きました − 7/21

「僕らのニューアルバムがもうすぐ出来ると言えて、めちゃくちゃハッピーだよ。バンドメンバー間には素晴らしいケミストリーが存在していて、アルバムFragile Equalityの出来・これまでの結果は素晴らしいく、僕らは休むことなく新しい曲を作るんだ。曲はとてもストロングで、モダンで、へヴィーだよ。この3枚目のアルバムは、Almahがこれまで作ってきたもの全てのミックスであるけれど、勿論、そこに新しいサウンドも取り入れているよ。出来るだけ早いうちに、プリプロダクション時のビデオ、写真、曲の一部などを公開するつもりなんだ。レコーディングは9月から初める予定で、リリースは2010年の前半になると思うよ。」

Eduの新ページ − 7/19

TwitterFacebookにも、Eduのページが出来ました。

ALMAH TV 出演 − 7/12

EduとFelipeが、ブラジルのTV GAZETA の番組 Mulheres に出演します。
放送は日本時間の7/14・AM2時で、インタビューのほか、「ロックの日」を記念して、アンプラグドライブを行う予定です。

ALMAH の曲が映画のサントラに! − 7/12

2ndアルバム「Fragile Equality」に収録の「Torn」が、ブラジルの映画「Caça-Palavra」の、サウンドトラック収録曲の1つとして選ばれました!
この映画は、TVGLOBO(ブラジル版NHKのようなTV局)で20年以上働いたディレクターらの手による約15分のスリラー映画で、国内外のフィルムフェスティバルで公開されました。

Eduのプロデュース活動 − 6/21

Eduは、彼がプロデュースを務めるバンドArtemisの初のスタジオアルバムのプリプロダクションのため、6/25〜15日間程度、ブラジリアで集中的な作業をします。

アルバムの仮タイトルは「Therefore Realm」で、今年後半の発売を予定しています。

ALMAH 新作 − 5/27

AlmahのMySpaceによると、新作の準備がほぼ整い、バンドはとても幸せ・レコーディングを楽しみにしている。
新譜を2009年末か、2010年初めに出したいとのこと。早いスパンですね。

ANGRA & Sepultura TVで共演 − 5/18

両バンドが5/17、ブラジルのTV番組Altas Horasで、Led ZeppelinのImmigrant Songをプレイした映像がYoutubeで観られます

ANGRA 活動再開! − 5/13

ついに始まったブラジルでの、ANGRA&Sepulturaカップリングツアー。
5/9、サンパウロのVia Funchalで行われた
ライブのレポートが、サイトWhiplash!に掲載されました。写真も沢山ありますよ!

ANGRAが始めに登場、Unfinished Allegro から Carry On, Nova Eraと続く展開で、幕を開けたそうです。
別のサイトのレビューによると、セットリストは下記です。

 

01. Unfinished Allegro
02. carry On/Nova Era
03. Waiting in Silence
04. Heroes of Sand
05. Angels Cry
06. Carolina IV
07. Angels and Demons
08. Make Believe
09. Curse of Nature
10. Never Understand
11. Spread Your Fire
12. Rebirth
13. Nothing to Say

Youtubeには、オーディエンス撮影の動画が沢山UPされています。

ブラジルのネット掲示板には、サンパウロ以外の各地のライブについての書込みがありますが、このほかにもTime, Lisbon, Late Redemptionなどを演奏することもあるようです。

また、Eduのヴォーカルはこれまでで最高!というような声もしばしばあります^^嬉しいですね

Sepulturaのステージ後には、両バンドのメンバーによるセッションがあり、Back In Black(AC/DC), Breaking The Law(Judas Priest), Seek&Destroy(Metallica), Immigrant Song(Led Zeppelin), Guerreiros do Metal(KORZUS)など, そして最後にはBlack SabbathのParanoidをプレイしているようです。

日本にも来て欲しいですね!!

Eduの公式MySpaceオープン! − 4/17

MySpace上に、Eduの公式ページがオープンしました!
彼のこれまでのキャリアが紹介されているとともに、曲も多数UPされています。

ANGRAが雑誌Roadie Crewの表紙に! − 4/7

ブラジルの音楽雑誌 Roadie Crew 123号(4/7発売)の表紙を、ANGRAが飾りました!

この雑誌のサイトを見る限り、カラー6ページに及ぶANGRAメンバー全員でのインタビュー(活動再開後2度目のリハーサル時に、サンパウロのウルトラソニカスタジオにて、この雑誌独占インタビューとのこと。)が掲載されています。

内容は、2007年7月のショーを最後に活動を休止してから今日に至るまでのことや、これから行われるANGRA&Sepulturaカップリングツアーのことなどが書かれているようです。

 

 

Eduの新エンドース契約 − 3/28

Eduは、ブラジルで最大のハードケース会社の1つ Ironcaseと契約を結びました。

ANGRA&SEPULTURA カップリングツアー と新ドラマー − 3/12

Kikoの公式ブログによると、ANGRAとSepulturaのカップリングツアーが決まったとのこと。

まずはブラジルをはじめに、南米を回る予定らしいです。

そして気になるANGRAの新ドラマーは、Ricardo Confessori と書かれていました!

ALMAH&Edu ベストオブ2008の各部門にランクイン2 − 3/11

雑誌Roadie Crewや、サイト Rock Undergroundの投票でも、Almahはベストバンド、ベストアルバム、ベストCDジャケット部門で1位を獲得しました。
また、ベストヴォーカリスト部門ではEduは、3位と1位でした!おめでとう!

 

ANGRA&SEPULTURA カップリングツアーか!? − 2/28

ANGRA公式サイトが、意味深なトップページになってしばらくが経ちますが、どうやら新ドラマーを向かえ、5月にブラジル国内でのショーをもって再始動のようです。

そこへ、ANGRAとSEPULTURAのカップリングツアーのニュースが、ブラジルのメタルサイトmondo metalの2/22付記事で発表されました。

これによると、5/31にベロオリゾンチのChevrolet Hallにてショーを行う予定だとありますが、まだ確定ではないようです。

ALMAH&Edu ベストオブ2008の各部門にランクイン − 1/29

ブラジル最大のメタルサイトWhiplash!のスタッフによるベストオブ2008年の、ブラジル国内編の各部門でランクインしました!

ベストバンド:
1: Almah
2: Torture Squad
3
: Hangar
その他(アルファベット順):
Andre Matos / Dr. Sin
Hibria / King Bird
Korzus / Krisiun
Matanza / MindFlow
Pastore / Sepultura

ベストライブ:
1
: Matanza
2: Almah
3
: Andre Matos
その他(アルファベット順):
Apocalypse / Bittencourt Project
Dr.Sin / Hangar / Sepultura

ベストヴォーカリスト:
1
: Andre Matos
2: Edu Falaschi (Almah)
3: Nando Fernandes (Hangar)
その他(アルファベット順):
Alex Camargo (Krisiun)
Jimmy London (Matanza)
Mario Pastore (Pastore)
MaxCavalera(CavaleraConspiracy)
Vitor Rodrigues (Torture Squad)

  ベストアルバム:
1: Fragile Equality (Almah)
2: Hellbound (Torture Squad)
3
: Southern Storm (Krisiun)
その他(アルファベット順):
Brainworms I (Bittencourt Project)
Bravo (Dr. Sin)
Heroes Of Tomorrow (Hellish War)
MTV Apresenta Matanza (Matanza)
Sunshine (King Bird)
Supremacia Ancestral (Miasthenia)
The Bridge Of Light (Apocalypse)
TheReasonOfYourConviction(Hangar)
The Skull Collectors (Hibria)
Time to be Free (Andre Matos)

ベストCDジャケット:
1: Fragile Equality (Almah)
2: Brainworms I (Bittencourt Project)
3
: Southern Storm (Krisiun)
その他(アルファベット順):
Bravo (Dr. Sin)
Destructive Device (MindFlow)
Hellbound (Torture Squad)
Sunshine (King Bird)
The Bridge Of Light (Apocalypse)

詳細・その他の部門はこちら

 

ALMAH ニュービデオクリップ − 1/17

ニューPV "Beyond Tomorrow"が、AlmahMySpaceで公開されました!

ALMAH ニューシングル用ジャケット募集 − 1/15

アルバムFragile Equalityからの公式1stシングルとして、「All I Am(オリジナルバージョン・未発表アコースティックパート付)」がリリースされます。
これを記念して、ファンクラブ
Equality Fan Clubでは、このシングル用ジャケットをファンから募集します。
参加は簡単で、
contato@msmetalpress.com にアートワークを送るだけです。
選考はバンドメンバーによって行われ、ベスト作品はジャケットになるだけでなく、その作者にはメンバー全員のサイン入り
CD Fragile Equalityがプレゼントされます。
この企画は
Equality Fan Clubメンバーに限らず、だれでも参加可能で、応募締め切りは31日(日本時間だと32日の午前11時)になります。

ALMAH ニュービデオクリップ − 1/13

先日、ブラジリアで撮影された新しいビデオクリップ。曲は「Beyond Tomorrow」で、本国のAlmahMySpace上で、日本時間の1/17(土)AM11時から公開されます。
この
PVは、MTVブラジルでよく知られているディレクターRodrigo Giannettoによって編集されました。

2008年

ALMAH インタビュー & ANGRAニュース − 12/28

ブラジルの音楽雑誌Roadie Crew118号(11月発売)に全3ページに渡り、ALMAHのインタビューが掲載されています。
日本語訳をUPしましたので、お楽しみください。

昨日のラジオPowerRockTodayで、伊藤政則氏から「ANGRAは来年新作を出す」との発言がありました。

実際、12/7に行われたイベントAnimeMasterに出演したEduですが、そこでのインタビューで、「4月まではAlmahの活動をする、ヨーロッパツアーの計画もある。それ以降はANGRA」ということを言っています。

続報12/31:Kikoの公式ブログでも彼による、ANGRAは4月以降復活するということを書いています。

ALMAH ライブ写真・ビデオ − 12/21

写真(アルバムにあります) ビデオ ライブレポート

ALMAH ビデオ撮影 − 12/20

ALMAHは、ツアーで訪れた先、ブラジリアにて、PVの撮影を行いました。詳細・PVは続報をまて!という状況です。

セットリスト − 11/22

ALMAH 11/19 サンパウロ Manifesto Rock Bar
Birds of Prey
Take back your spell
Children of lies
Bleeding Heart
Beyond Tomorrow
Scary Zone
Breathe
You'll understand
Nova Era
King

ALMAHツアー日程 − 11/14

Equality FanClub11/14付ニュースによると、
ALMAH11/19サンパウロのManifesto Rock Barで行われるBittencourt Projectとのウォームアップショーを皮切りに、ブラジルツアーをスタートさせ、その第一部として始めにブラジル北東部を回りますが、ツアーは2009年も続き、ブラジル国内のほかの地域や、恐らく海外(ニューアルバムがファンやメディアから良い評価を得た地域)にも行くであろう」
との記載がありました。
日本にもぜひ来て欲しいですね!!

You Take My Hand」のタイトルとジャケット − 11/12

Equality Fan Clubメンバー限定リリースの、アルバムFragile Equalityのデモ「You Take My Hand」の収録曲は、

01. Magic Flame
02.You Take My Hand
03. Meaningless World

3曲で、ジャケットは右、11月末のリリース予定だそうです。

ALMAH + Bittencourt Project − 11/4

ALMAHと(ANGRAのRafaelの)Bittencourt Projectによる、来たるべきそれぞれのツアーに向けたウォームアップショーが11/19、サンパウロで行われます。

Bittencourt Projectのメンバーは、Vo&G/Rafael Bittencourt, B/Felipe Andreoli, Key/Fabrizio DiSarno, Dr/Marcell Cardozoで、Felipeは2つのバンドでプレイします。

 

ALMAHがヨーロッパ各国のMySpaceでクローズアップ − 10/31

ALMAHは、バンドのMySpaceに多大なアクセスが寄せられたことで注目を集め、ドイツ・スイス・オーストリアのMySpaceオフィシャルページ上において、10/21281週間にわたり、KeaneLordiDie ArtVetoOfrinなどと並んで取り上げられていました。

ANGRAが1年ぶりに共にプレイ − 10/28

10/25(土)、ANGRAのRafaelのBittencourt Project(FelipeがBass)は、サンパウロの書店で新作「Brainworms I」のプロモーションのため、ミニアコースティックライブを行いました。オーディエンスの中には、KikoやEduもいて、彼らはステージに呼ばれてRebirthをプレイしました。
ANGRAメンバーが共にプレイするのは、2007年にバンドが活動を休止してから初めてのことで、これは、バンドがいつか近いうちにカムバックすることの手がかりであるでしょう。それを期待しましょう!

ALMAHファンクラブの新コーナー・リリース情報 − 10/22

EqualityFanClubに、会員専用のブートレッグコーナーを設置し、メンバーが許可のもと、ライブ音源や映像などを掲載していく予定。これらすべてに、ウェブデザイナーRaphael Finardiによるハイクオリティのグラフィックアート(ジャケット)がつくそうです。

このEquality FC Recordsからのリリース1作目は、アルバムFragile Equalityのオフィシャルデモで、タイトルは「You Take My Hand」です。

ALMAHファンクラブ「Equality Fan Club」がスタート − 10/16

http://www.almahfanclub.com
会員限定ページがあったり、スタート記念として抽選で5名にEduとのチャット招待もあります。
さっそく登録してみたのですが、ブラジル国外からの代金支払・登録方法が整っておらず、現状では、ブラジル国内のみのサービスといった状況です。

しかし、上記のサイト(ブラジル版)は情報量が豊富です^^
ただ、同じ内容が何度も出てきたり、ラジオ出演情報などブラジル以外だとあまり縁のないネタも多いので、様子をみつつ訳していこうと思います。

アニメイベント出演 − 10/15

10/18.19にブラジリアで、アニメ・マンガの一大イベントOtacon2008が開催され、Eduは、日本のメタルバンドANTHEMのシンガー坂本えいぞうと共に南アメリカツアーを終えたばかりの外人戦隊(ブラジルのバンド。日本のアニメソングをよくプレイしている)と共に出演します。

この特別なショーは、ブラジル日本移民100周年を記念するものとなり、また、Otaconのメインイベントともなることでしょう。

ラジオ出演 − 10/14

Edu10/18(土)、Rock247Power Hour(4.00pm-5.00pm UK time, 5.00-6.00pm CET)に出演します。 www.rock247online.co.uk

また、10/6にはサンパウロのKissFMの番組「90minutos」に出演し、主にALMAH新作Fragile Equalityについて話したほか、ANGRAの今後に関連した話題もでました。

各国のALMAH関連サイト − 10/5

フランス版サイト http://almahfrance.e-monsite.com
フランス版MySpace http://www.myspace.com/catezsylvie
ロシア版サイト http://almah.metalcommunity.ru

以下、Eduのコメントです。
ALMAHのロシアンサイトが出来て、とても光栄だよ!僕は2007年にANGRAでロシアでプレイし、多くの素晴らしい人々に出会ったよ。僕たちにとって、僕たちの音楽が、このような素晴らしい国で歓迎されることはとても大切なことで、地理的にブラジルからは遠く離れているけれど、僕の気持ちとしてはとても身近に感じるよ。ロシアのみんな、これからは僕らに関するニュースをロシア語で読めるよ!ニューアルバムFragile Equalityのリリースを待っていてね、気にいると良いのだけど!!!近いうちにロシアで会おう!Love and Peace!

ExpoMusic終了! − 10/2

AlmahはExpoMusicでサイン会、ミニライブを行いました。
新作Fragile Equalityのお披露目となったこのショーは、会場であるMusicHallの外にも、満員で入ることの出来なかった沢山のオーディエンスがいたとのことです。

新作 Fragile Equality ヨーロッパで良い評価多数 − 9/19

衝撃的で、、新鮮で、心を捕らえて離さないメロディとカリスマ的な魅力に満ちた現代のパワーメタル。今のところの自分の2008年のベストアルバム!(RockHard)

HelloweenのKeeper時代や、初期Angraのファンは必聴!(Metal Hammer)

ポジティブなパワーの嵐、ピュアでプレイする喜びにあふれている、A級メロディックメタル。とてもオススメ!(Rock It)

MasterplanやAngraが好きなら、きっとAlmahのFragile Equalityも気にいるに違いない。10曲全てがキラーチューンだ。2008年にリリースされるベストパワーメタルアルバム!(Heavy)

Angra + Masterplan + Kamelot。メロディックで、パワフルで、強烈で、プログレッシヴ。これら全てを備えたアルバムだ!(Break Out)

優れたソングライティング、パーフェクトな音楽スキル、加えてEdu Falaschiのキャリアの中でベストな彼の声が、このアルバムを前作よりさらに優れたものにしている!(Hardline)

ExpoMusicに登場 − 9/17

南アメリカ最大の音楽見本市「ExpoMusic」(日本の楽器フェアのようなもの)がサンパウロにて開催され、ALMAHもそこでショーやサイン会を行います。

9/26(金)サイン会:Audio-Technicaブース - 20:00
9/27(土)サイン会: Tagimaブース 14:40
9/28(日)ミニライブ:Music Hall 15:00/サイン会:Yamahaブース− 18:00

ラジオ出演 − 9/14

EduFelipeは、ブラジル時間の9/14(日)22時から、サンパウロのラジオKissFMの番組「Backstage」にゲスト出演し、ニューアルバム「Fragile Equality」のメインテーマを話したり、新曲をオンエアしたりする予定です。
http://kissfm.com.br/ouca-ao-vivo.php

他にもブラジル国内外問わず、ALMAHの新曲が様々なラジオで流れているようです。
また、
9/19には、MySpace上で、「Birds of  Prey」という新曲をもう1つUPするそうです。

Angraについて − 9/8

Eduは彼のMySpaceで、Angraについてコメントを出しました。下記がその日本語訳です。

去る数日間、ヨーロッパの多くのメディアはAFMレコードから、AngraとAlmahのシンガーEdu Falaschiが「Angraは終わった」と言ったという類のニュースレターを受け取った。これは大きな間違いで、実際、Eduのみならず他のAngraのメンバーも決してそのようなことは口にしていない。

Edu曰く、「僕は間違いをハッキリさせなきゃならない。たしかに僕はFragile Equalityのリリースとそれに伴うプロモーションに集中していたけれども、決して「Angraは終わった」とは言っていない。それは断じて僕の発言ではない!Angraは今、活動休止中だ。バンドはマネージメント上の困難な問題を解決中で、僕ら全員はまたツアーに戻るべくベストを尽くしている。それがいつになるかは分からないが、早く良いニュースを届けられれば良いと願っているよ。Almahはもはやソロプロジェクトではない、フルタイムのバンドではあるが、それが僕やFelipeがAngraを脱退したということや、Angraの終わりを表すのではないよ。」

Burrn!に登場 − 9/6

10月号に、Edu"もうすぐパパ"Falaschi のインタビュー記事が数ページに渡り掲載されています。 
加えて裏表紙がJVCの広告で、AlmahとRafael Bittencourtのアルバムが並んでいます。
(さらには、紙面も、Almahの記事の直前がRafaelです^^)

エンドースのニュース

Eduはヤマハと契約を結びました。彼はギターCPX15とFGX720、サイレントギターSLG100Nを使います。また、ライブではピアノCP33も使うでしょう。

 

MySpace&新曲 - 8/29

ALMAHは、8/27、ニューアルバムFragile EqualityをベースとしたデザインでリニューアルしたMySpaceUPし、そこで新曲「You'll Understand」を初公開しました。
この曲は、はじめの
15分間位で、実に12,000アクセスを記録しました!

Eduによると、「この曲がアルバムの多くの要素を物語っているので、(リーダートラックに)選んだ。今では僕は、自分の人生の中でも最も重要な作品のひとつをレコーディングした、ブラジルのメタルバンドがこれまで作った作品の中でも、優れたもののひとつである、ということを確信しているよ。」とのこと。

Almah Channel - 8/17

You Tube に「Almahchannel」というページが出来、新作Fragile EqualityでのFelipeのBassレコーディングの様子がUPされています。 http://jp.youtube.com/watch?v=oBuEpUfkVdk

Almah 新作のタイトルとジャケット − 7/4

9月に発売予定のAlmah新作のタイトルは「Fragile Equality」と発表されました!
ジャケットは左の画像で、デザイナーのGustavo Sazesで、彼はこれまでにも Manowar, Kamelot, Gof Forbid, Krisiun, Firewindといったバンドの作品も手がけています。

アルバム発売に先駆けて、ライブも色々と予定されています。
8月下旬には、元Nightwishのターヤが行う南米ツアーに、Almahも出演の可能性がありますが、まだ正式発表にはなっていませんので、変更になるかもしれません。
 このツアー、Almahのほかにも元Iron MaidenのシンガーBlaze も出演予定だったり、ターヤのバンドではANGRAのKikoがギターを弾くなど、なかなか豪華な顔ぶれです。

 

Almahメンバーとチャットで話そう − 5/31

バンドAlmahは、「MSN Almah Connection」という企画を発表しました。
これはMSN上で、メンバーと直接チャットができるというもので、誰でも参加できます。
登録アドレスは almahconnection@hotmail.co
m

ニューアルバムに関するダイアリー − 5/7

AlmahのMySpaceに、新譜に関する記事がありました。英語で書かれていましたし、既にご覧になられた方もいらっしゃるかとは思いますが、良い内容なので、以下に日本語訳を掲載します。

やぁみんな!
今まで数週間、僕たちはAlmahのセカンドアルバムのため、実に良く作業をしていたんだ。ブラジルの首都・ブラジリアで、初めてバンド全体で曲のリハーサルをやった。僕らはMarcelo Barbosaの家に10日間滞在して、毎日、アレンジやギターのハーモニー、曲のあらゆる細部をつめていき、結果としてレコーディングする11曲ができた。

このリハーサルは、GTRミュージックスクールで行われたのだけど、ここはMarceloの所有であると共に、彼は時々、選ばれた生徒に個人レッスンもしている。リハーサルはとても素晴らしい経験だった!曲は完璧なラインナップのもとで、めちゃくちゃクールに響いていた!PauloとMarcelo Barbosaは驚愕のギターデュオで、ドラマーのMarcelo Moreiraは、原動力であり、スピードがあり、クリエイティブで周到だ。各メンバーが各自のテイストを曲に持ち込むと、曲が全く違うものになるということが信じられない、そしてそれが望ましい変化なのだ。時に、はじめは興味をひかない曲だったものが、非常に進化して、ついにはベストなものになることがあるが、実際それがいつも起こっている!

僕らは10人のファンを最後のリハーサルに招待した、彼らはこのラインナップが共にプレイするのを目にする最初の人々であり、また、新しい曲を聴くことに関してもだ。これもブラジリアのSgt.Pepper'sスタジオで行われたのだが、かなりクールだった!彼らは曲をとても気にいったようで、メンバーにも、とても感心していた。僕らは一緒にとても楽しい時を過ごした!それが僕らがレコーディングを始める前の最後のテストだった。

4月21日(月)、僕らはサンパウロのNorcalスタジオで、ドラムのレコーディングを始めた。Mercelo Moreiraはたった3日間でドラムを組み、レコーディングを終えた!その出来は、ドラムサウンド(ありがとう、エンジニアのAdriano Daga)からパフォーマンスに至るまで、素晴らしい以外の何ものでもない。Moreiraは、彼のパワーとスピードとクリエイティブさで僕らを驚かせた!このアルバムは、全過程に多くを寄与しているEdu FalaschiとFelipe Andreoliによってプロデュースされている。

今、僕らは来週のギターレコーディングの準備が出来つつあるところだ。またのニュースをチェックしてね!

----------------------------

ミックス作業は、Denis Wordによってドイツで行われる予定。彼は偉大なプロデューサーで、Rebirth以降のANGらのアルバムのレコーディングを手がけた人物でもある。
リリース(ワールドワイド)は今のところ、9月を予定している。

Almah、アメリカでも好評 − 4/30

日付が前後しますが、良いニュースがあったので掲載します。

ブラジルの音楽情報サイトWhiplashi !によると、アルバムAlmah収録の曲・Forgotten landが、アメリカの大手インタネットラジオの1つであるKiac Internet Radio(Cash Box Records系列)において、2週間以上前から、局内オンエア曲上位に入っています。そして約10週間にわたり、トップ5の中に入っています。
Cash Box Recordsによると、この曲Forgotten Landは、1日平均10万回の試聴があるとのことです(ラジオ局のサイト上で聴けるようになっている)。

Almah ニューアルバム情報 − 3/12

バンドAlmahの新しいメンバー構成は、Vo/Edu Falaschi, G/Marcelo Barbosa, Paulo Schroeber, B/Felipe Andreoli, Dr/Marcelo Moreira という顔ぶれで、バンドは現在、2008年後半にリリース予定新譜の、プリプロダクションの最終段階にあります。

 

アニメイベント出演 − 3/12

Eduは、3/16サンベルナルドドゥカンポで行われるイベント・アニメクレイジーに出演し、彼のこれまでのレパートリー曲の他、ペガサス幻想曲や永遠ブルーも歌う予定です。 詳細はここをクリック

ブラジルでのワークショップツアーに関するEduのコメント − 1/27

「ブラジルでの僕のワークショップを観てくれた全ての親愛なるファンのみんなの応援に対し、感謝したいよ。11の素晴らしい街で、忘れられない時を与えてくれたんだ。これらの街での僕の滞在はとても特別で、ワークショップの実現に向け働いてくれた全ての関係者、プロデューサーの努力やプロフェッショナルさに、とても感謝しているよ!
 この場を借りて、近いうちに2008年の大きなニュースを発表するだろう事を言っておくね!チェックしていてね!
Big Hug!
Edu Falaschi」

1/13テレジナでのワークショップからのビデオ

 

 

2007年

ブラジルでワークショップ開催 − 12/5

Eduは、12月と来年1月、ブラジルでワークショップを行います。
ドラマーはBurning in HellのMarcelo Moreiraが務めますが、彼はこれまでに、Kikoともワークショップを行ったことがあります。

ネットTVでのインタビュー映像 − 11/20

EduとKikoによる、フランスの新しいメタルTVサイト NRV-TVでのインタビューが公開されました。
今年のヨーロッパツアーからのライブ映像も織り交ぜたものとなっています。

インタビューの質問募集中 − 11/15

EduのMySpaceで行われるインタビューに対し、ファンから質問を募集しています。
フルネームと質問を1つ書いて
edufalaschiinterview@hotmail.com まで。

その中から20個の質問が選ばれ、12月20日、名前と共にMySpaceに掲載されます。
また、質問を送ってくれた全ての人の中から、抽選でサイン入りAlmah TシャツとCDがプレゼントされます。

EduがThornのライブにゲスト出演、Almahの南米ツアー − 10/24

11/4、リオデジャネイロで行われるブラジルのバンドThornのEP「The Final Solution」発売記念ライブに、Eduがスペシャルゲストとして参加します。
このライブにはEduのほかにも、AquariaのVictor Veigaなど様々なゲストが登場します。

Almahの最初のブラジルツアーのあと、バンドはチリ、ペルー、アルゼンチン各国の首都で、初の海外公演を、イタリアのバンドVision DivineとWヘッドライナーという形で行います。

 

サンパウロでのAlmahのショー − 10/6

去る9/30、Almahは、サンパウロで開催されたラテンアメリカでも最も大きい音楽の見本市のひとつであるExpomusicで、ミニショーを行いました。会場は、見本市中で一番大きいステージだったにも関わらず満員で、さらには200人ほどの中に入れなかった人もいて、彼らは場外でさえ歌っていました。

Eduによると、「僕たちにとって本当に大切なショーだったよ。僕たちがプレイしたのは、いつもよりコンパクトなセットリストだったにも関わらず、オーディエンスのリアクションは、まるで大きなショーのようだったんだ。Expomusicのプロダクションも素晴らしかったよ」とのこと。
Expomusicのサイトに、記事・写真が載っています。

Almah、TV・ラジオ出演 − 9/18

バンドAlmahは、ラジオ番組Radio Corsarioに生出演します。
インターネットでも聴く事ができ、放送は9/23の22〜24時(日本時間:9/24の10〜12時)です。 
ネットラジオは、
このページ中央の赤い文字列「CLIQUE AQUI〜PELO NET」をクリック!(が、時間外だとエラーになるようです。)

また、9/29の深夜1時(日本時間:9/29の13時)にはTV出演もあり、次回の放送までは、このページ上で、好きなときに見られるようです。

Almahの新ギタリスト − 9/2

Edu Ardanuyに変わり、Marcelo Barbosaが、バンドAlmahのメンバーになります。

彼はブラジリア拠点のバンドKhalliceのギタリストで、Greg Howeなど様々な偉大なミュージシャンとプレイしたり、アメリカのバークレー音楽院で学んだりしてきました。そして、ブラジルでも大きな音楽学校のひとつであるGTRを創設しました。

Marceloは、来たるブラジルツアーに備え、既にスタジオ入りしてリハーサルを行っています。

Eduによると、「Almahの活動と公約はさらに大きくなってきている。ブラジル全土や海外で予定されているショー、来年のAlmahのニューアルバム発売とそれにあわせたDVD録画・ビデオクリップといった今後の計画などだね。それゆえバンドAlmahは、高い集中力・献身さを必要とするし、Marceloとの出会いは、そのためまさにパーフェクトなんだ。」

AlmahのショーへのEduのコメント + ビデオ − 8/2

やぁ、みんな!!!!
今日は、サンパウロとクリチバでの5,000人を超えるファンのみんなの沢山の応援に、Almahの名の下に、感謝をするために、ここに来たんだ!!!とても素晴らしく、忘れられない時間だったよ!!!ブラジルでの更なるショーが予定されているので、チェックしていてね!!!これは単に(ツアーの)始まりだよ!!! See you soon!!!!;) Big Hug !

Edu Falaschi

ブラジルのテレビPLAY TVで放送されたインタビューと、7/19サンパウロでのショーの様子
「ALMAH'S FIRST CONCERT + INTERVIEW BROADCASTED ON TV!!!」

Almahのショーへ向けたEduからのコメント − 7/15

やぁ、みんな!!!
サンパウロとクリチバでのAlmahの(今回のライナップでの)最初のショーがもうすぐなんだ。
バンドは非常に良い状態で、リハーサルは素晴らしく、めちゃくちゃポジティブなエネルギーに満ちているんだ!!!バンドのサウンドはとても良く響き、ショーの準備は万端だよ。
僕らは、みんながびっくりするだろうセットリストをプレイするんだ!!!きっと忘れられない時になるだろうけれど、それは(今回のAlmahのツアーの)始まりでしかないんだ!!!
みんなにBigなHugsとMETALを!!!!!

Edu Falaschi

7/15

以前お伝えしたロックオペラプロジェクト「SoulSpell」へのEduの参加は、残念ながらキャンセルになりました。

ANGRA TV出演 − 6/16

ANGRAは来週2回のTV出演があります。(ブラジル国内)
6/18放送の番組BAND ESPORTE CLUBEでは、サンパウロのサッカーチーム・コリンチアスびいきのEduとAquilesが、スタジアムで試合を観戦している様子が流れます。

もう1つは6/20放送のJornal da MTVで、エレクトリックセットで、Aurora Consergensからの曲や、今までの代表曲をプレイしたり、番組キャスターとトークがあったりという内容です。この番組への出演は2ヶ月前に決まっていたのですが、それが流れて今になりました。翌21日に、再放送もあります。

AlmahドリームチームにFelipeが参加 − 6/13

ブラジルの音楽情報サイトWhiplashによると、Almahのツアーのベーシストに、Tito Falaschiに代わりANGRAのFelipeが参加することになりました。
これは7.8月に、ブラジル北東部・南部で予定されているショーに、Titoが、色々なバンドのプロデュースや、自身のバンドFATALEの活動などにより参加できないためです。

6/1

MySpace.comに、Almah - Edu Falaschi のページが出来ました。 ここでは、曲も聴けます。

Mr. BigのシンガーがブログでEduに言及 − 5/9

サンパウロでショーを行うため、ブラジルに滞在していたMr. BigのシンガーEric Martinは、彼の公式ブログで、Eduに会ったと述べています。Ericはまた、他のミュージシャンについても述べており、「1994年のサンパウロのショーで一緒にプレイしたバンド・Dr.Sinのメンバー、ANGRAのヴォーカリストEdu Falaschiと、ちょうど同じ晩にブラジルに居合わせたChuck Billyと彼のバンドTestamentに会えたことは本当に素晴しいことだったよ。そしてChuck。もし君とAlexが、僕のために70年代のクラシックロックのような曲を書けば、僕は次のTestamentの新譜で歌うよ。あの晩は、とても多くの人と会った。僕は必ずすぐ南アメリカに戻ってくるよ」と。

バンド「ALMAH」がドリームチームでツアーを予定 − 4/29

EduのソロプロジェクトAlmah、次回のライブのメンバーには、ANGRAで活動を共にしているAquiles Prister (Dr)、Fabio Lagune (Key)、元Symbolsメンバーで実の兄弟でもあるTito Falaschi (B)、Dr.SinのEdu Ardanuy(G)という、ブラジル人ミュージシャンのスター達が選ばれました。バンドはAlmahの曲に加え、ANGRAのヒット曲、カバー曲などをプレイする予定です。

Eduによると、「(このショーは)忘れられない時になるだろうな、こんなメンバーと一緒にAlmahのショーを出来るという事は、本当に信じられないほど素晴しく、歴史的なものなるだろうな」と。

日本でもAlmahのショーが観られると良いですね!

ALMAH ヨーロッパで好評 − 4/14

Eduの1stソロプロジェクトALMAHは、ヨーロッパでますます好評を博しており、様々なメタル系ウェブサイトに取り上げられています。 

それらサイトへはこちらからどうぞ。

ALMAHボーナストラック − 4/2

ブラジルの音楽プロモーターのサイトRock Freedayで、ヨーロッパ版ALMAHに収録のボーナストラック2曲、The Sing of Glory とSupermindが聴けます(番組内の終わりの方にあります)。このラジオ番組は週刊で、今回のプログラムは4/7までとのこと。

ブラジル版サイト3/23付ニュース − 3/23

アルバムALMAHは、ドイツの雑誌Rock Hardのベストアルバム部門で、23位になりました。
この雑誌は評判の高いものの1つで、特にヨーロッパのメタルシーンで重要視されています。

(ANGRA公式サイトの3/26付けニュースにも、同様のことが書かれています。)

ANGRA・Blind Guardianアコースティックライブ映像 − 3/16

以前お伝えしたとおり、3/15に、ブラジルのTV番組で両バンドのアコースティックライブが行われました。
その映像がYoutubeで見られます。

Part1 Part2 Part3 Part4 Part5 Part6

Eduの話によると、「以前ヨーロッパのフェスで(Blind Guardianと)一緒にプレイしたことはあったけれど、より深い友情を築いたのは、今回の日本ツアーでだよ。とても素晴しかったんだ!」とのこと。
ロックミュージックについての話題でEduは、「だからANGRAは常に、現実的な事柄の歌詞・ポジティブなメッセージを含んだ歌詞を書くという習慣がある。僕達には大きな責任がある、多くの人に向けて歌詞を作っているんだ。他に大切な事は、良い曲を創ることだ。」と。
また、「一昨日、ロシアから帰って来て、昨日は一日中寝ていた」そうですが、本当に忙しい働き者ですね。

Part3と5がYoutube側で削除されたということですが、他のPartでこれら動画をダウンロードできるリンクがあります。
1.画面右の説明書き中にある「more」をクリック
2.リンクが6つ出てきます。上からPart1〜6の順で並んでいるので、希望のものを選んでクリック。
3.別ウィンドウでRapidshareというファイル共有ソフトが開くので、スクロールさせて「Free」をクリック。
4.数秒〜数分待つと画面が変わります。ページ中ほどにある数字や文字をボックスに入力して「Download from 〜」をクリックすると、ダウンロードが始まります。

※Freeでダウンロードする場合、続けては出来ない仕組みになっているのですが、一度インターネット接続を切って再接続すれば、すぐできます。

イベント出演決定 − 3/16

ブラジルの音楽番組 Stay Heavyが、国内メタルミュージシャンをあつめてジャムを行うイベント Stay Heavy Metal Stars 2007 (4/1 サンパウロ)に、Eduも出演します。他参加バンドは、TORTURE SQUAD, KORZUS, TUATHA DE DANANN, VIPER, DR. SIN, ANCESTTRAL, SHADOWSIDE, KING BIRD, MONSTER, THREAT, HENCEFORTH, ANDRALLS, KRUSADER, GENOCÍDIO などです。
また今回のこのイベントの様子は、「メタル・ヘッドバンガーズジャーニー」の続編である「グローバルメタル」に収録され、映画で公開される予定です。

お知らせ − 3/12

ANGRAヨーロッパツアーも終わりましたね。そこで、日本ツアー当時、このスペースに掲載していたレポは、ひとまとめにしてレビューページに移動しました。

このツアー中、タトゥーを施術したEdu。彫師・椋妃(Ryoki)さんのブログには、施術に関することが書かれています。

Burrn!2006年度読者投票 − 3/6

Eduはボーカリスト部門で5位に選ばれました(前回14位)。またANGRAは、バンド部門で3位(前回13位)となっています。
よくANGRAの記事を書いている大野氏のセレクトでは、アルバム部門でAurora Consurgensが1位、ALMAHが3位となっています。

ブラジル版サイト2/27付けニュース − 2/28

Eduは、3/18にブラジリアで行われるOTACONというアニメイベントに参加して、聖闘士星矢からの2曲、ペガサス幻想曲と永遠ブルーや、ANGRAの曲などをプレイする予定です。また、サイン会も行われます。

 

ANGRAとBlind GuardianがTVで共演 − 2/28

ANGRA公式サイト2/28付けニュースによると、3月にブラジルにツアーにやってくるBlind Guardianですが、その時期に丁度ANGRAもツアーから戻りブラジルに居るので、両バンドはブラジルのTV、Ronnie Vonの番組で、ジャムを行う計画です。日程は来週決まり、正式に発表されます。

日本ツアーレポはこちらに移動しました。 (3/12)

ALMAH 情報 − 1/26

3/1にAFM Recordsからリリースされるヨーロッパ版 ALMAH には、2曲のボーナストラックがつきます。ALMAH はブラジル及び日本では昨年6月に発売されていましたが、ヨーロッパではその後の発売のため、このような特典が付く事になりました。
その2曲は「Supermind」、「The sign of glory」というタイトルで、アルバム本編と同じメンバーでのプレイおよび同じコンセプトに基づいており、前者は直観・洞察を、後者はファンタジーや想像の世界を歌ったものだそうです。

ブラジルの新聞で、Eduのコメントが掲載されました − 1/18

サンパウロの新聞 Jornal da Terde 1/18付け内 「著名人のコメント」というコーナーでEduは、世界を旅することについて話し、特に日本に言及していたそうです。この彼のコメントのタイトルもそれを物語っており、英訳すると「Super/Very/Well/Much rock'n roll in Japanese」 ・・・本当に親日家ですよね(笑)。 

 

Aurora Consurgens ツアーは2007年も続きます − 1/10

ANGRA公式サイトに記載の1/10付ニュースの要約です。

2006年は忙しい年で、前半にはTemple of Shodowsツアーに伴う最後のショーがあり、10月には新作をリリース、それに伴うツアーを20回以上、ブラジルとアジアで行い、日本でのLoudParkフェスティバルでは1万4千人の前でプレイしました。 リオデジャネイロやベロオリゾンチ、ブラジリアといった、サンパウロ以外の州都でも、バンド15周年を祝う大きなショーが出来ました。2007年も止まることなく活動をします。

1/27にサンパウロ州郊外でショーを行ったあと、ANGRAはBlind Guardianとの8回のショーのために日本に行きます。このツアーはオープニングアクトがなく、それぞれのバンドがお互いのバンドの前にプレイし、日毎にその順序が変わるというものですが、全てのショーで、フルセットでのプレイをします。日本の首都・東京だけでも3度のショーがあります。こういった音楽スタイルの世界の2つの大きなバンドによるツアーは、間違いなく驚くべきものとなるでしょう。ANGRAファンはその様子を、ここANGRA公式サイトで読むことができます。日本のあとは、ヨーロッパでの集中的なツアーがあり、フランス、スペイン、ドイツ、ベルギー、ポルトガル、イタリア、スイスだけでなく、東欧のセルビア(最近モンテネグロが独立して分離された)でもプレイします。この大きなツアーの最後を締めるのは、長く待たれていたロシアのモスクワ公演です。

約2ヶ月の旅を経てANGRAは3月末にブラジルに戻り、その後、アメリカ行き、それに続いて、南米のまだショーを行っていない国でのツアーが既に予定されています。今ツアーで未だ訪れていないブラジルの都市でもショーがあるでしょう。
これはANGRAの更なる1年のほんの序章で、プランは尽きることはなく、ファンはさらに素晴しいことを祝せるでしょう。

大いなる平和と、メタルをみんなに!

セカイノクニカラコンニチハ − 1/6

ベイFM・Power Rock Todayで、「お国自慢」という企画があり、1/6の放送でEduのコメントが流れました。

「セカイノクニカラコンニチハ!Maximam Power Rock Today 2007!
I live in São Paulo, it's a big city in Brazil and the city is very nice because we have many different conolies like Italian colony, Japanese colony, German colony. So we have many many nice people living here. And it's a great city and we have many different bars, restaurants, theatres, and everything. So it's a great city, it's very nice to be here. I love São Paulo.」

Eduからの新年のごあいさつ (英語版サイトに記載) − 1/2

Hi people !
I hope that you have a very nice 2007 !! Peace, Love and Happyness !!!
Keep Rocking my friends !!!

Edu Falaschi

2006年

バックドロップ(背景)のオークション開催 − 12/18

ANGRA公式サイト(ポルトガル語版)の12/18付ニュースによると、ANGRAファンクラブは、11/18にサンパウロのVai Funchalで行われたバンド15周年記念ライブで使用されたバックドロップ(背景。写真のもの)の1枚を、競売にかけました。
木に手書きされたもので、サイズは縦1.6m 横0.7m。最低入札額は180レアル(日本円で約1万円)からで、2007年2/10まで入札を受け付けます。希望の方は、Eメールの件名を「leilão」として、
angrafc@angra.netまで、あなたの入札額を送ってください、とのことです。

Almahがヨーロッパでリリース - 12/8

Eduは、ヨーロッパで大手のAFM Recordsと契約をし、あちらでは2007年の3月にリリースされる予定で、詳しい事は追って発表されます。

Scelerataのライブでツインボーカルを披露! - 11/24

Eduがゲスト参加しているブラジル南部のバンドScelerataは、1stアルバム「Darkness and Light」のCD発売記念ライブを11月24日、地元のNovo Hamburgoで行いました。

そのショーにEduも参加し、上記のCDで、このバンドのシンガー Carl とツインボーカルを披露している曲「The Spell Of Time」をプレイしました。 そのライブ映像がYou Tubeで観られます。

ANGRA 15 周年記念ライブ・11/18サンパウロ公演の様子 - 11/18

<セットリスト>
01 - Carry On
02 - N
ova Era
03 -
TheVoiceCommandingYou
04 - Waiting Silence
05 - W
ings of Reality
06 - Z
.I.T.O.
07 - A
ngels Cry
08 - H
eroes of Sand
-----アコースティック-------
09 - Wishing Well
10 - N
o Pain For The Dead
11 - A
bandoned Fate
12 - L
ate Redemption
------------------------
13 -
Happy Birthday To You
14 - E
go Painted Grey
15 - A
ngels And Demons
16 - S
alvation: Suicide
17 - N
othing To Say
18 - R
ebirth
19 - C
ourse Of Nature
20 - S
pread Your Fire
21 - S
moke On The Water
22 - G
ate XIII
こちらのサイトで写真が見られます。

RebirthのライブCD/DVDの収録や、昨年の14周年記念公演と同じ会場 Vai Funchal で行われた15周年記念ライブ。セットリストはこんな感じで、背景が色々と変わったり、パイロなど特殊効果が色々あったりと、いくつかのサプライズがあったショーだったようです。そんな点を書いていきます。

中間部にあるアコースティックパートでは、フロントのメンバー4人が全員ギターを持って座り(Aquilesはドラムのまま)、4曲をプレイ。重みがありアコースティック栄えするような曲ばかりですよね!

そして今度は一転、華やかなムードになります。ステージにオーディエンスを数十名上げて、会場全体でバンド15周年を祝ってハッピーバースデーを歌ったそうです。風船まで飛び出していますね。

最後にはパートチェンジをしてSmoke On The Waterをプレイ!Eduはギターで、RafaelがVo!もう1人のGはFelipeで、AquilesがB、KikoがDrという担当だったようです。

そしてカーテンコール・・・と思いきや、まだサプライズがありました!この日は、ライブでキーボードを弾いているFabio Lagunaの誕生日!ケーキがべちゃ・・・写真を見る限りでもスゴイ様子になっていますよね、挙句、そのまま客席へ放り込まれた模様・・・ 最後にはKikoまでダイブしてますね。

Almahライブ映像がYouTubeにUP! − 11/17

9/1 ExpoMusic Children Of Lies Breathe
8/4 CD発売記念ライブ Golden Empire  

Q&Aの質問募集! − 10/30

 Eduから「このサイト向けにQ&Aをやろう!」という提案を頂きました。 そこで、皆様から質問を募集し、15個を選んで尋ねてみたいと思います。話題はANGRA新作のこと、Almahのことなど、何でもOKです。〆切は11/12(日)24時ですので、沢山の質問、お待ちしております!

UPしました!
こちらへどうぞ!

10/21

The Course of Natureのビデオクリップが見られます。http://www.youtube.com/watch?v=CKL6ID_Dato

9/30

ANGRA9/30に、サンパウロ州のプライアグランジという都市で新作Aurora Cousurgensに伴う最初のショーを行いました。
このショーは
The Voice Commanding Youで幕を開け、新作から他にプレイされたのはThe Course of Nature, Ego Painted Greyの計3曲で、他にはWings of RealityZ.I.T.O.などもプレイしたそうです。

9/27

新曲The Course of Natureはいかがでしょうか!? 日本盤アルバムには「Out of this World」というボーナストラックが1曲付き、これはRafaelが歌っているそうです。

Aquilesのブログの9/21付記事によると、ANGRA日本ツアーは1・2月の予定のようです。

ANGRA ニューシングル The Course of Nature が聴けます! − 9/22

 Rock Freedayのオンラインラジオで、日本時間23日AM2時(予定)から、上記の曲がオンエアされるそうです。(このラジオは24時間、好きなときに聴けます。)

ご興味ある方はご覧になってみてください↓
São Tomas de Aquino:中世イタリアの哲学者・神学者
*Aurora Consurgens : 錬金術に関する文章で、こんな感じ。
日本語 英語 38枚の挿絵

9/20

 先日のニュースでお伝えした、聖闘士星矢・天界編のテーマ曲NEVERレコーディング時の写真が、ブラジルの聖闘士星矢サイトに掲載されています。このサイトによると、2007年になるであろう映画の劇場公開後に発売されるDVDに、Eduがこの曲を歌っている映像や、インタビューも収録されるそうです。

ANGRA ニューシングル情報 − 9/18

 ANGRA公式サイトによると、新作Aurora Consurgensからのシングル「The Course of Nature」は、ブラジル時間9/22から公式サイト上でストリーミング配信されるとのこと。22〜24日まではファンクラブメンバーのみアクセス可能で、25日には誰でもこのバーチャルシングルをダウンロードできるということです。

Eduゲスト参加のScelerata新作 10/18 日本リリース! − 9/18

 だいぶ前になりますが、2005年8/1付ニュースでお伝えしたEduがゲスト参加しているブラジルのバンドScelerataの新作「Darkness And Light」が、10/18にSPIRITUAL BEASTよりリリースされます!
→ 
HMVホームページ
日本盤にはボーナストラック2曲が付き、さらに初回限定盤にはプロモ映像も付くそうです。 

Myspace.comで試聴できます!

9/5

9/21〜24に予定されていたブラジル南部での4回のAlmahのショーは、この期間にEduがANGRA新作のプロモーションツアーでヨーロッパに行く事になったため、延期せざるを得なくなりました。 

ANGRA新譜情報 − 8/30

 ANGRA公式サイトに記載のニュースを要約すると、新譜は10月リリース(日本での発売日は11/1らしいですが)で、タイトルは「Aurora Consurgens」。これは中世イタリアの哲学者・神学者São Tomas de Aquinoの著作と同じタイトルであると。(注:錬金術に関する文章で、内容はこんな感じ。日本語 英語 38枚の挿絵)前作Temple of Shadowsとは異なり、歴史的観点を含んだものではないが、歌詞にはある共通のテーマがあり、それは、自殺・精神分裂症・順応の難しさ・二極性などというような様々な精神的錯乱であると。
 ジャケットは以前にも手がけたことのあるポルトガル人アーティストのIsabel de Amorim作。

 音楽的にはよりヘビーで、モダンな面を見せているだけでなく、ANGRAのカラーであるブラジル音楽の影響や、オーケストラアレンジ、パーカッションも用いている。

 新しい試みとして、9月に予定されているシングル「The Course of the Nature」の発売は、インターネット上からのダウンロード配信だけで行う予定。(ブラジル。ほかの国でどうかは?)

 8/19に行われたブラジルメタルユニオンでのショーをもって、124回に至ったTemple of shadowsツアーが終わり、バンドは9月の終わりからブラジルでウォームアップショーを数回行ってから、10月にアジアミニツアーを行い、その後12月まで、ブラジル各地を回る予定。

アルバム収録曲はこちら

8/27

Eduは劇場版・聖闘士星矢の曲「Never」でも、永遠ブルーやペガサス幻想曲と同様に、歌をレコーディングしました。彼自身、今回の曲は以前のものより気に入っているそうで、この映画のブラジルでの公開は2007年初頭だそうです。

ブラジルと、特に日本でのAlmahの好セールス!!! − 7/31

ソロプロジェクトAlmahは、日本では去る25日にリリースされ、驚くべきことに、わずか1日で5,000枚近い売上を記録しました!!! 

ブラジルでは、発売から20日で約3,000近い売上を達成して、初回盤は既に全てなくなってしまったので、需要を満たすべく、新しいプレスを生産中です。

7/30

EduはブラジルのウェブサイトUOL上で、8月3日19時(日本時間の翌4日7時)から、ライブチャットを行います。

Almah 発売記念イベント開催 − 7/20

 このイベントは、8月4日にサンパウロのManifesto Barで開催され、Almahミニライブと、サイン会が行われます。
そのほか、タリバンズというバンドによる色々な曲のカバーライブも、行われます。

「Almah」2曲目「Take Back Your Spell」が聴けます! − 7/12

ブラジルのコンサートプロモーター Rock Freeday のラジオ番組で引き続き、ソロアルバムAlmahの2曲目「Take Back Your Spell」が、Eduの曲紹介つきで聴けます!
※1週間ごとに内容が変わる番組なので、今回のオンエアは、7/16までです。

「Almah」オープニング曲「King」と「Glorious」が聴けます! − 7/3

ブラジルのコンサートプロモーター Rock Freeday のラジオ番組で引き続き、ソロアルバムAlmahの1曲目「King」が、Eduの曲紹介つきで聴けます!
加えて、以前のニュースで触れた曲「Glorious」も、このラジオで聴けます!
※1週間ごとに内容が変わる番組なので、今回のオンエアは、7/9までです。

ブラジルでアルバム「Almah」発売 − 6/30

このアルバムはブラジルでは6/30に発売されました。 
まもなく、ブラジル国内でのライブの日程(8・9月予定)が発表されます。

「Almah」からの曲が聴けます! − 6/27

ブラジルのコンサートプロモーター Rock Freeday のラジオ番組で、ソロアルバムAlmahからのオープニング2曲が、Eduの曲紹介つきで聴けます!(ただし、7/2までです。)

ソロアルバム「Almah」の先行販売 − 6/13

先行販売が、ブラジル版ANGRAストア上で行われています。
価格は1枚24レアル(約1,200円!)で、発送は6月30日以降とのことです。
送料が高くつきますが、日本での発売日より若干早く届くかも?
英語版ANGRAストアでは今のところ発売されていませんが、メール(英語でOK)をすれば買えると思いますので、いち早く聴きたい!という方は、この先行販売を利用してみてはいかがでしょうか?  

ブラジルのメタル雑誌Rock Brigadeの表紙を飾りました! − 6/3

 ブラジルで古くからある音楽雑誌Rock Brigade 239号は、表紙に初のソロアルバム「Almah」をリリースするEduを用いると共に、彼自身によるアルバムの曲解説を含む、4ページに渡るロングインタビューを掲載しました! 
インタビュー 曲解説

このアルバムは、日本では7/26にビクターより発売予定です。
Edu Falaschi / Almah - VICP63524

メタルのドリームチームに招待されました - 5/5

 Eduは世界で最も有力なメタルアーティスト達と並び、ある1曲で歌うことに招待されました!この曲はUli Kusch(Masterplan), Viggo Lofstad, Steinar Krokmo, Axel Mackenrott, Magali Luyten が、Ronny Milianowicz(Dionysus), Joacim Cans(Hammerfall)と共に、もうすぐ開幕のサッカーW杯の為に書いたもので、メインシンガーはMikeyla(スウェーデンの女性シンガー)、スペシャルゲストにRalf Scheepers(Primal Fear)を用いていますが、それだけでなくさらに多くのゲストを迎えています。

この曲「Glorious」は、政治的立場や宗教を越え、世界がサッカーより強いものの中で回るのを止めさせることを意図している曲です。メタルミュージックやポップ・ロックなど、音楽ジャンルに関係なく、私達はこの曲を通して、団結する方法を見出すでしょう。 この曲は世界中で6月にリリースされます!
その他参加ミュージシャンなど
詳細はこちら
⇒6月5日リリース!


ソロアルバムのタイトルは「Almah」 − 5/1

コメント・参加メンバーなど詳細はこちら

 

日本のファン宛てのメッセージを頂きました − 4/25

Edu Falaschi thanks Japan!

Hi guys!!! I´m here just to say... THANK YOU ALL for voting for me in the last Burrn´s poll!!! This is the fourth time in a row that I am between the best singers, according to the most important Rock Magazine of the world...BURRN! It´s all because of you guys!!! Without your support it wouldn´t be possible!!! I will never forget the Japanese fans!! NEVER!!! You are really true fans!!! From my heart I say...I really love Japan, specially your culture and your kindness! You have no idea how important your support is for me! Thanks Forever!!! See you soon! ;)

やあ、みんな!!! 今日はみんなにただ、Burrn!の投票のお礼を言いたくてきたんだ!!! 今回がベストシンガー部門での4度目の入賞なんだ、世界中でも重要な雑誌Burrn!のね!全てみんなのおかげだよ!!! みんなのサポートがなければ成し得ないからね!!! 僕は絶対日本のファンを忘れないよ!! 絶対にね!!! 君達は本当のファンだから!!! 心から言うけれど、僕は本当に日本が大好きなんだ、特に文化と思いやりの心がね!君達のサポートが僕にとってどんなに大切か、想像つかないだろうな!本当にありがとう!!! またね!

1stソロアルバム発売のメッセージ − 4/16

やあ!今日は僕のソロCDが完成したことを伝えるよ!もうすぐ世界各国でリリースされるから、君達皆、聴けるよ! いつも応援ありがとう!僕の本当のファンの皆のことは、これからも決して忘れないよ!みんながこのアルバムを楽しんでくれることを期待してるんだけど、1つだけリクエストがあるんだ。
ボリューム最大で聴いてね!

Big hug!
Edu Falaschi

ヘビーなアルバムだけどバラードもあり、日本での発売は6月予定だそうです。
レコーディング風景が
公式サイトで見られます。

イベント出演! - 3/21

 Eduは3月26日にサンパウロで行われる「A Voz do Rock (ロックの響き・声)」というイベントに特別招待客として出演し、クラシックロック・メタルの曲を歌う予定です。 詳細はここ

 

エンドース契約を結びました!- 3/21

 EduはDEAN社とギターのエンドース契約を結びます。この会社は、ダイムバッグ・ダレル、ランディ・ローズ、サミー・ヘイガーといった、メタル界の色々な人物にも既に認められ使用されています。 Eduは現在、ANGRAのショーにおいて既にDEAN社のアコースティックギターを使用していますが、将来的には、彼のソロプロジェクトのショーにおいて、エレキギターも使用するでしょう。

 加えて、北アメリカのマイク会社・オーディオテクニカ社とも契約を結びました。この会社はスキッド・ロウやリンキン・パーク、そのほか沢山のアーティストの支持を得ています。

アコースティックライブを行いました - 3/3

 サンパウロ州Pindaで開催されたアニメ・特撮・漫画フェアで、2月19日、Eduはアコースティックライブを行いました。ANGRAのRebirthとWishing Well、聖闘士星矢のペガサス幻想曲と永遠ブルーの2曲に加え、さらに2曲をプレイしたそうです。

アルバムのリリース予定 − 2/18

 ブラジルの音楽サイトwhiplash.netによると、Eduの初のソロアルバムは現在制作の最終段階にあり、発売は5月を予定しているとのことです。

 また、ANGRAの新しいスタジオアルバムのレコーディグの準備も既に始められており、リリースは今年の後半だろうとのことです。

ブラジル版サイトに掲載の
Eduからのメッセージ - 2/9 

 やぁ、みんな!元気にしている?
 まず最初に、ファンのみんなのサポートと、僕の新しい公式サイトへの沢山のアクセスに感謝したいよ!
 今、僕はヨーロッパにいて、新しいソロアルバムを制作中なのだけど、もうすぐ、本当にすぐ、君達はその詳細の全てを知ることになるだろうね! じゃぁまたね、Hugs!

 Edu Falaschi

ブラジル版サイトが大幅にリニューアルされました! − 1/31

ファンクラブも設置され、ストアでは色々なグッズが購入できます。
英語版ページも充実しましたので、既にご覧になっている方も多いかと思います。。。

Edu Falaschiブランドのサングラス発売! − 1/18

Eduは、ある会社からの招待を受けて、彼のブランドのサングラスを製作しました。
今夏(ブラジルは今、夏なので。)、異なる4つのモデルx2色のサングラスが発売され、それぞれのモデルには、Eduの曲のタイトルが付けられています。これらは初めにブラジル全土のショップと、Eduオフィシャルサイトを通して販売され、詳細は間もなくサイト上に掲載される予定です。

 

 

2005年

インタビュー掲載! − 11/30

ANGRA公式フォーラムに、Eduの約80項目近くにも及ぶインタビューが掲載されています。日本語訳は こちら

TV出演情報! − 10/14

ANGRAは14日・金曜日にブラジルのTV Capitalの番組「Ponto Som」に出演します。
この番組は日本時間だと15日・土曜日の午前7:30〜8:30で、インターネットでも見られます。
再放送は日本時間の18日・火曜日(と22日?)、午後11:00〜12:00です。
⇒いくつかの番組を繰り返して放送していて、この時間以外でも数時間おきに見られるようです。

ボーカル・マスタークラス開催! − 9/19

「マスタークラス」と名づけられたボーカルテクニックの講座が、10月3〜5日の3日間、ブラジルのサンパウロ州リベイロンプレート(8月に集中講座を開催したところと同じ都市)で行われます。

パナマのラジオに出演! − 8/11

Eduのインタビューがパナマのラジオ局96.7FMで、8月15日13時(ブラジル時間。日本時間だと16日1時)にオンエアされます。

Scelerataのニューアルバムにゲスト参加! − 8/1

EduはブラジルのバンドScelerataの新作「Darkness And Light」にゲスト参加!
「The Spell Of Time」という曲で、このバンドのVo.Carl Casagrandeとツインボーカルをとっています。

Eduからファンとワークショップ主催者へのメッセージ

はじめに、ワークショップに来てくれた全てのファンの計り知れない好意にありがとうと言いたいよ。
それだけでなく、直接的にでも間接的にでも、このイベントに関連した全ての現地プロダクションの非常にプロフェッショナルな仕事ぶりにも感謝したい。 そのおかげで、全てはとても上手く運んだよ。 
次にあげるのはこのイベントの制作に関わった組織だ。 ありがとう、みんな!

Valeu EM&T, Black Out Records, Tritono Music Center, Rock Freeday, Guitar Trix Music Class e Katalince!!!

Hugs!
Edu Falaschi

→ワークショップではANGRAやIron Maidenの曲の他に、アニメ聖闘士星矢からの曲「永遠ブルー」や「ペガサスファンタジー」も用いたそうです。

ボーカルテクニック集中講座を開催!

Eduはヴォーカルテクニックの集中講座をリベイロンプレートにて行う予定です。
この講座は今までは、州都サンパウロで行われており、今回もそれと同じ方式になるでしょう。講座は3日間で、定員40名です。 
詳しい日程はもうすぐ発表されるでしょうが、8/8〜10日または8/22〜24日の、月曜日から水曜日の3日間を予定しています。

→8/8〜10日の3日間で行われます。

ファンによるEdu公式ブログができました!

文章はポルトガル語で書かれていますが、写真が豊富なので、眺めているだけでも楽しめるかと思います。 http://www.eduardofalaschi.zip.net/

Eduの好きなヴォーカリスト 

インターナショナル部門 ブラジル国内部門

Ronnie James Dio (DIO)
Bruce Dickinson (IRON MAIDEN)
Rolland Orzabal (TEARS FOR FEARS)
Blackie Lawless (WASP)
Michael Kiske (EX-HELLOWEEN)
Joey Tempest (EUROPE)
Tonny Harnnel  (TNT)
Jorn Lande (MASTERPLAN)
Steve Perry (JOURNEY)
Alexi  Laiho (CHILDREN OF BODOM)

Nando Fernades
Tito Falaschi (Karma)
Christian Passos (Wizards)
Thiago Bianchi (Karma)
Danilo Lopes (Ex-Eterna)
Regis F. (Scars)
Max Cavalera (SoulFly)
Alírio Neto (Khallice)
Luis Siren (Atlântida)
Christopher Clark (Ex-Last Jocker)


Temple of ShadowsがブラジルのClaro Awardで2004年ベストロックアルバム賞を受賞!これは南アメリカにおいて、とても重要な賞です。

 


要チェック!

Eduはヴォーカルテクニックのワークショップを7月にはブラジル全土で開催します!


これらは彼が日本の雑誌Burrn!でトロフィーを受賞したときの写真です。
2004年度のランキングで、Temple of Shadowsがベストアルバムに、Spread Your Fireがベストチューンに、彼自身はヴォーカリスト部門で2位を獲得しました。

 

 


Eduは日本において最も重要な雑誌Burrn!の2004年度ランキング・ヴォーカリスト部門で、アイアンメイデンのブルースディッキンソンに続いて、2位に選ばれました。
 シンガーとしてでだけでなく、彼が作曲したSpread Your Fireも同誌のベストチューン部門で1位を獲得! 次の表はそのヴォーカリストランキングです。

1- Bruce Dickinson (Iron Maiden)
2-EDU FALASCHI (ANGRA)
3- Cory Taylor (Slipknot)
4- Steven Tyler (Aerosmith)
5- Joey Tempest (Europe)
6- Jon Bon Jovi (Bon Jovi)
7- Takenori Shimoyama (Sixride)
8- Rob Halford (Judas Priest)
9- Tobias Sammet (Edguy)
10- Klaus Meine (Scorpions)
11- Anders Fridén (In Flames)
12- Dave Mustaine (Megadeth)
13- Yukio Morikawa (GoldBrick)
14- Artista Japonês
15- Tony Kakko (Sonata Artica)
16- James LaBrie (Dream Theater)
17- Eizo Sakamoto (Anthem)
18- Eric Martin (TMG)
19- Tarja Turunen (Nigthwish)
20- Walt Lafty (Silvertide)
21- D.C. Cooper (Silent Force)
22- Juichi Morishige (Ziggy)
23- Paul Stanley (Kiss)
24- Scott Weiland (Velvet Revolver)
25- Justin Hawkins (The Darkness)
26- Tim Owens (Iced Earth)
27- Ronnie James Dio (Dio)
28- Angela Gossow (Arch Enemy)
29- Tony Harnell (TNT)
30- Udo Dirkschneider (U.D.O.)
31- Steve Lee (Gottard)
32- James Hetfield (Metallica)
33- Dougie White (Yngwie's Rising Force)
34- Danny Bowes (Thunder)
35- Jorn Lande (Masterplan)
36- Peter Dolving (The Haunted)
37- Ralf Scheepers (Primal Fear)
38- Candice Night (Blackmore's Night)
39- Iuri Sanson (Hibria)
40- Jonne Aaron (Negative)

 


Bleeding Heart」がブラジルのラジオ局RADIO MIXで1位になりました!
他にも「Wishing Well」がサンパウロの89FM、リオデジャネイロのCITY FMで1位を獲得しています。
これらは2曲ともEduによるもので、前作からのNova EraHeroes of Sandと並んで今ではANGRAのヒットソングとなっています。

http://www.metromixsp.com

 


ANGRAはヨーロッパ・アジアツアーの前にサンパウロ、リオデジャネイロ、カンピナスでショーを行います!

アルバムTemple of Shadowsに伴う大好評のツアーは既に昨年9月からブラジルの何都市かで行われましたが、バンドは再び、サンパウロ、リオデジャネイロ、そしてカンピナスに戻ってきます。
このアルバムはブラジルだけで既に5万枚、世界中で10万枚以上のセールスを記録しています。
今回のツアーではブラジルだけで3万人、そして2月から始まるヨーロッパとアジアでのツアーもあわせて合計10万人以上の人々がショーを観ることになるでしょう。

 


サインイベントが開催されます!

Triade Br の企画によるイベントが開催され、Eduはお昼にサイン会の為に登場します。加えて、そこでは限定オフィシャルTシャツを購入することができるでしょう。
 このイベントは2005年1月16日にサンパウロで行われます。

 会場:http://www.cantareira.br/

 

2004年

Eduからのクリスマスメッセージ

「やぁ皆、元気?
僕はみんなのハッピーなクリスマスと素晴らしい新年を願っているよ!
いつも応援してくれてありがとう!
ブラジルでのショーでみんなに会えるのがとても楽しみなんだ!
ANGRAの新しいニュースはもうすぐ発表されるから!
それまでほんの少しだけ待っててね!
Edu Falaschi


ヨーロッパにおけるアルバムTemple of Shadowsへの評価

BRIGHT EYES - 12/13点 METALLUS - 9/10点
POWERMETAL ドイツ EUTK - 8/10点
METALSTORM - 92/100点 POWERMETAL イタリア - 8.5/10点
ADL - 4/5スター OCIOJOVEN
SOUNDBASE ON LINE - 8.5/12スター MUSICA PROGRESIVE
VAMPSTER - 4/5スター POWER METAL スイス - 4.7/5点
HARDROCK 80 POCKSERVATORIO - 3/5/5点
CAPITAL DU METAL - 9/10点 METAL THUNDER - 7点
HEAVY LAW - 17/20点 ROCKING - 5/5スター
METAL IMPACT - 5/5スター ROCKCITY - 9/10点
METAL MANIACS - 7/8点  

 


Edu Falaschi オフィシャルサイトオープン

「まずはじめに、僕のファンのみんなにお礼を言いたいよ。僕の新しいサイトをオープンすることが出来てとっても幸せだ。みんながこのサイトを十分に楽しんでくれることを期待しているよ。僕のキャリアの全てがつまっているからね。そして新しいニュースがある時には、いつも掲載するつもりだよ。僕は今ANGRAでのツアー中なんだけれど、出来るだけ早く皆に会えるのを楽しみにしているよ。Heavy Metal !!
Edu falaschi

 


ついにEdu Falaschi オフィシャルTシャツが完成!

Consulate of Rockとヤマトコミュニケーションズの協力により、Tシャツの販売を開始します。 半袖と長袖の2種類があり、イラストはTシャツデザインにおいて優秀な人物のひとりである「サイトウダイゴ」によるものです。