ANGRA 2005 11/5 São Paulo, Via Funchal

一言でいうと、満足度200%!!

・約3時間のショー!サポートバンドはつかず、ANGRAのみ。

・プレイした曲は23曲!2部構成のようになっていて、前半ではTemple Of Shadowsの全ての曲をアルバムの収録順通りにプレイ!

The Themple of Hate ではKai Hansenも登場!Eduと交互に歌っていました!

No Pain For The Deadの後半でも、これまたアルバムのように、女性Voが登場!

Late Redemptionのポルトガル語のパートではオーディエンスの大合唱!英語のパートより盛り上がっていたかも?さすが地元ブラジル・・・と改めて実感!

2部構成の後半のセットリストは
Nothing to Say / Calorina4 / Angels Cry / Gentle Change / Heroes of Sand / Never Understand / Acid Rain / Carry On / Rebirth / Angraメドレー / I Want Out / In Excelsis~Nova Era / ending:Gate13 

Angraメドレーは、なんと約15分間!
Rafaelがヴォーカルをアコギを弾きつつ歌う Stand Away に始まり、
Time / Metal Icarus / Wings of Reality / Silent and Distance / Make Believe / Speed / Z.I.T.O. 他のコーラス部、Gソロなどを織り交ぜて、Running Aloneでフィニッシュ!
実に違和感無くスムーズな、流れるようなメドレーで、改めてANGRAというバンドの力に感動!

・このメドレーのおかげで、Angraの全5枚のスタジオアルバムから、プレイしていない曲の方が少ないというショー!

・再度登場したKai Hansenをステージ中央にしてプレイした曲は I Want Out !
Kai
Gを弾きつつメインで歌ったので、Eduはサビの部分でハモるくらいで、ドラムキットの脇で盛り上げ役!? 

音楽のショーに足を運ぶようになって10年以上が経ち、ANGRAのショーは今まで20回観てきたのですが、その中でも、ベストと言えるほど、素晴しいショーだったと思います。
サウンド・ヴォーカル・セットリスト・パフォーマンス・オーディエンス。。。パーフェクトともいえるショーで、実際、終演後には、「これほどのショーをしたら、このバンドは次はどうするのだろう?」と思うほどでした。
願わくば今度は、Temple Of Shadowsの曲を、物語の順どおりにプレイしてほしいです。

片道24時間以上のフライトでしたが、十分に行く価値のあるものでした。

 

Setlist

SE: GateXIII - Deus Le Volt !
01. Spread Your Fire
02. Angels and Demons
03. Waiting Silence
04. Wishing Well
05. The Temple of Hate
06. The Shadow Hunter
07. No Pain For The Dead
08. Winds of Destination
09. Sprouts of Time
10. Morning Star
11. Late Redepmtion
SE: Gate XIII

12. Nothing to Sat
13. Calorina IV
14. Angels Cry
15. Gentle Change
16. Heroes of Sand
17. Never Understand
18. Acid Rain
19. Carry On
20. Rebirth
21. ANGRAメドレー
22. I Want Out
(InExcelsis)
23. Nova Era
SE: Gate XIII